Tokyo Wonder Site MEET THE ARTIST vol. 03_Performance Silence + talk @ TWS Shibuya Café 07/02/2014

 

 


 

Dudu Tsuda  Silence

 

1. Silence

 

(Talk) Creative process:

How do I find the right spots to make the sound recordings?

What techniques are required for editing, mixing and for spatialization process?

What kind of compositions and artistic can be done with field recording?

1. Silence

 

創作の過程について:

どのようにして、録音をするのに「ふさわしい」場所をみつけるか?

音の編集、ミックス、空間配置を行なう過程で必要なテクニックとは?

フィールド・レコーディングを用いてどんな作品を作ることができるか?

 

Synopsis

 

‘Le monde est une catastrophe rythmique’

Valère Novarina

 

The surround sound piece entitle Silence results from my last research in sound realized during this journey through Japan.

This composition is based in my impressions and sensation related to emptiness and the space between buildings and structures that I could perceive in Japanese Temples and Shrines. These field recordings were made in the city of Nikko, Nagano Prefecture (Nagano, Togakushi, and Matsumoto), Kyoto, Nara and Koyasan. All those places are famous to host important temples and shrines, and for that reason they composed the first part of my trip in Japan.

This piece will be performed live, with realtime composition, spatialization and mixing of the audio samples recorded.

シノプス

 

―― 世界はリズミックな惨状だ

(ヴァレール・ナヴァリア)

 

《Silence》と名づけた作品は、日本各地を旅して行なった、音に関する最近のリサーチ成果を受けたものです。

 

この作品は、私が日本の神社仏閣で感じ取った虚無や、広く取られた建物の空間配置に基づいています。この観察とフィールド・レコーディングは日光、長野県(長野、戸隠、松本)、京都、奈良、高野山で行ないました。これらの場所は、重要な寺社があることで知られていますが、そのために私は日本での旅のはじめに訪れることにしました。

 Concept

The relation of silence and Japanese culture is very complex, and therefore led me to three different kind of possible approaches.

The first one is the relation with space, sound, silence and the divine, expressed by the piece Silence. I was really impressed by the dimensions of the temples and Shrines, and specially by its space organization, designed with emptiness and long distances. The way the priests uses the sound and its propagation through the huge halls and the empty spaces between the buildings has a strict relation to this holy sensation provided by these wondrous architectural structures.

The second approach was conceived when I was in France, applying for this residency program. At that time, I was thinking and trying to create some artistic connection to the sensation of silence in culture. This inspiration led me to the noisiest places in Japan, the Pachinko parlors.

I had a hypothesis that the Pachinko is a result of the difficulty that Japanese people have to express their emotions and feelings in a public context. And to the loneliness that we can find in huge cities, which in Tokyo, I thought to be even bigger.

The last one is based in my impressions of the impact of Fukushima nuclear accident in Japanese society, and how it creates a kind of silence around the subject. I feel that there is a national concern about the human problems that were caused by this incident, specially to those that lived in the area. And when I am referring to this point, I am aiming at local farmers and fishermen who had their trust and image totally destroyed by the fear of nuclear contamination.

 

コンセプト

 

Silence(静寂、沈黙、無言)と日本文化の関係は非常に複雑であるため、3種類のアプローチが可能なのではないかと私は考えました。

 

ひとつ目のアプローチは空間、音、静寂と神聖なものとの結びつきで、《Silence》で表現しました。私はお寺や神社の規模、特にその空間構成に非常に感銘を受けました。そこでは、十分に空間と距離をとって建物が配置されています。僧侶の音の使い方や、その音が大きなお堂の中で広がっていく様子、建物と建物の間でとられた空間は、この素晴らしい建築構造によって生み出される神聖な感覚と分かちがたく結びついています。

 

ふたつ目のアプローチは、この(TWSの)レジデンス・プログラムに応募しようとしたときに着想を得ました。当時私はフランスにいたのですが、文化における静けさの感覚を創作につなげようと試みていたところ、日本で一番騒がしい場所、パチンコ店が思い浮かびました。パチンコは、日本人が自分の気持ちや感情を人前で表すのが苦手であることの結果なのではないかと思ったからです。そして東京のような大都市でみられる孤独は、より強いのではないかと考えました。

 

最後のものは、日本の社会に対して福島の原発事故が与えた衝撃と、その話題についてのある種の沈黙がどのように作られていったのかに対しての私の印象に基づいています。この事故が引き起こした人々への問題について、特にその地域に住んでいた人々に対して、国民的な関心が強いように思います。私は放射性物質による汚染の恐怖によって、信頼やイメージがずたずたにされた地元の農家や漁師に関心を持ちました。